今すぐお金を借りるには
今すぐお金を借りるときに消費者金融と銀行系カードローンでは、どっちを選んだら良いのでしょうか?
 
金融機関からお金を借りるときには在籍確認をされることが一般的となっていますが、消費者金融の中の幾つかの業者では、在籍確認が無いところもありますから、即日で融資を受けるのには適しているといえます。
 
また消費者金融は、スマートフォンなどからの取り引きのシステムが充実しているところが多く、24時間365日借りたいときに、すぐに手続きを始められるようになっているばかりか、審査スピードが速かったり、即日キャッシングのサービスを充実させていますから、今すぐお金を借りたいときに比較する重要なポイントになると思います。
 
銀行系カードローンは消費者金融に比べて金利が低いので、お得にキャッシングを利用することが出来ますが、融資時間が最短で翌営業日であったり3日必要になったりと各銀行によって異なってきます。
 
500万円を超える借入が必要であったり、専業主婦の方の場合ですと銀行系カードローンのほうが良いですからご自分の状況によって消費者金融か銀行系カードローンをきちんと比較して選ぶようにして下さい。
 
当サイトでは、今すぐお金を借りたいアナタにおすすめの金融会社のカードローンを厳選して紹介しています。

当サイトおすすめ人気カードローンランキング

今すぐお金を借りられることをポイントに融資スピードや金利について調査し、当サイトのおすすめ順にてランキング化しています!
 
とにかく急いでいる方は、まずは審査時間や借入限度額を比較したうえで借入可能か診断して目的に沿って、お金を借りるカードローン選びの参考にしてみて下さい。

  1. アコム

    審査時間 融資時間 実質年率 収入証明書※ 借入限度額
    最短30分
    最短1時間
    3.0%~18.0%
    50万円まで不要
    800万円

    アコムのお勧めポイントは、次の3つになります!

    1つ目は初めて利用する方に限り「30日間の無利息サービス」を行なっている点になります。
     
    30日の間にお金を借りて返済するなら、利息が付かなくて借りたお金だけを返せば良いので、計算も楽ですし返済の負担が無いのが魅力です。
     
    借りる金額が多くなくて、次の月には一括で返済できる人にはオススメのサービスです。
     
    2つ目は急いでお金を借りたいときには、「即日融資」でお金を借りることができる点になります。
     
    当日の14時までに申し込みを行なうなら、その日のうちに現金を手に入れることが可能で、審査の時間も最短で30分となっているため、急に現金が必要なときには強い味方となってくれると思います。
     
    3つ目は「来店不要で借入ができる」という点になります。
     
    インターネットから申し込むことが出来るため、パソコンを使って家にいながらとか、スマホを使って外出先で申し込みが出来るので時間のない方にはとても便利なのです。
     
    アコムの最高借り入れ限度額は800万円で、金利は3.0%から18.0%となっています。

  2. プロミス

    プロミス

    審査時間 融資時間 実質年率 収入証明書※ 借入限度額
    最短30分
    最短1時間
    4.5%~17.8%
    50万円まで不要
    500万円

    プロミスのお勧めポイントは、次の4つになります!
     
    1つ目は「webからの申し込みなら最短1時間の融資も可能」なことです。
     
    パソコンやスマホから4時間いつでも申し込みができ、審査が終われば正式な契約可能額をメールか電話の希望の方法で伝えてもらえて、webか来店かどちらかで融資が可能になります。
     
    2つ目は「初めてなら30日間無利息」な点になります。
     
    初めて契約をする際にEメールアドレスを登録し、書面の受け取り方法で「ホームページにて書面を確認」を選択した場合に30日間無利息サービスが適用されます。
     
    初回の出金の翌日から30日間は無利息で、その後は返済日までの日数分通常の利息がかかってきます。
     
    3つ目は「近くの銀行やコンビニも利用可能」な点で、その際プロミスと三井住友銀行のATMに限り手数料が無料になります。
     
    4つ目は「50万円以下なら収入証明書が不要」な点で、希望の借入額が50万円を超える場合、または他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は必要になります。
     
    プロミスの金利は4.5%から17.8%となっており、借入できる最高限度額は500万円までとなっています。
     
    サイトで借り入れ診断をすることができ、安全な額で借り入れができるか、返済額はいくらかなどが事前に分かるようになっています。

  3. アイフル

    アイフル

    審査時間 融資時間 実質年率 収入証明書※ 借入限度額
    最短30分
    最短1時間
    3.0%~18.0%
    原則不要※
    800万円

    アイフルのお勧めポイントは、次の4つになります!
     
    1つ目のポイントは「最短30分で審査が完了し当日の融資も可能」なことです。
     
    申し込みの時間帯によっては翌営業日以降になることがありますが、急いでいる場合にはインターネットで申し込み後、電話をすることで対応してもらうことができます。
     
    2つ目は「簡単で便利」な点で、ネットか電話、または来店で申し込みができるところです。
     
    30分程度の時間で融資可能かどうかの回答がきて、融資の承認がおりれば契約はインターネットもしくは、書類を郵送するか来店して行うかのいずれかになります。
     
    お金を引き出す場合には、全国のATMで借り入れするという4ステップのみで完結します。
     
    3つ目はアイフルなら「誰にも知られずにカードを受け取れる」ことです。
     
    「配達時間えらべーる」で時間指定をして宅配便で自宅でカードを受け取ることが出来て、仕事や外出で留守がちでも安心のサービスです。
     
    自宅以外で受け取りたいときは全国のアイフルの「てまいらず」に行くことでカードを受け取ることができます。
     
    そして4つめのポイントは「30日間利息0円サービス」になります。
     
    初めてアイフルを利用する方は30日間無利息で利用することが出来きるのですが、契約から初回の利用が10日後だった場合は20日間となります。
     
    アイフルの金利は年3.0%から18.0%で、借入の最高限度額は800万円までとなっています。
     
    サイトでは借入と返済のシミュレーションをすることが出来きるようになっています。

  4. SMBCモビット

    SMBCモビット

    審査時間 融資時間 実質年率 収入証明書※ 借入限度額
    10秒簡易審査
    最短翌日
    3.0%~18.0%
    800万円

    SMBCモビットのお勧めポイントは、次の3つになります!
     
    1つ目は「パソコンやスマホから申し込みから契約まで完結できる」ことで、契約の手続きに関しては郵送で行うことももちろんできるわけですが、インターネットで行うほうが早く利用ができるのです。
     
    2つ目は「10秒簡易審査」という点で、少ない入力項目で融資が可能かどうかの結果がすぐに出ます。
     
    3つ目は「即日融資が可能」であるという点で、借り入れは申込者の銀行口座に最短3分(平日14時30分までに振込手続き完了の場合)で振り込まれ、近くの銀行もしくはコンビニで引き出すことができるのです。
     
    返済については、口座振替か金融機関、提携コンビニでも行えるようになっています。
     
    SMBCモビットの最高借り入れ限度額は800万円で、金利は3.0%から18.0%となっています。
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  5. みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローン

    審査時間 融資時間 実質年率 収入証明書※ 借入限度額
    公式サイト
    参照
    公式サイト
    参照
    2.0%~14.0%
    50万円まで不要
    10万円~
    800万円
  6. 三井住友銀行カードローン

    三井住友銀行カードローン

    審査時間 融資時間 実質年率 収入証明書※ 借入限度額
    最短で翌日
    本人書類の確認後
    4.0%~14.5%
    50万円まで不要
    800万円

    三井住友銀行カードローンのお勧めポイントは、次の3つになります!
     
    1つ目のポイントは「面倒な手続きが不要」なことで、三井住友銀行の口座がなくても申し込めて、50万円以内の申し込みなら収入証明書も不要になるのです。
     
    スマホやパソコンから申し込めるので来店の必要もなく、更には担保や保証人も不要です。
     
    2つ目のポイントは「利用手数料が無料」なことです!
     
    借り入れと返済において全国の三井住友銀行か提携のコンビニのATMなら時間外であっても何度でも手数料が無料になります。
     
    3つ目のポイントは「銀行ならではの低金利」という点で、年利は4.0%から14.5%になっています。
     
    三井住友銀行カードローンの最高限度額は800万円ですが、借入限度額が100万円以下の場合は14.5%、700万円から800万円の場合に4.0%から4.5%となります。

  7. 横浜銀行カードローン

    横浜銀行カードローン

    審査時間 融資時間 実質年率 収入証明書※ 借入限度額
    最短翌日
    最短翌日
    1.9%~14.6%
    50万円まで不要
    1,000万円

    ※横浜銀行に口座をお持ちの方は、即日審査で即日融資を銀行口座へ振込という形で可能になっています

    横浜銀行カードローンのお勧めポイントは、次の3つになります!
     
    1つ目は「金利が低い」という事で、最低金利が3.5パーセントで上限金利が14.6パーセントなので、お得な金利設定となっています。
     
    2つ目は「総量規制が適用されない」ので、自分に収入が無くても利用することが可能という点になります。
     
    専業主婦などで収入が無いときに、配偶者である夫の収入を使ってカードローンの申し込みが出来るのでとても便利だと思います。
     
    3つ目は銀行系では珍しくカードローンの申し込みをした翌日には審査が最短で終了し「翌日融資」サービスがあるという点になります。
     
    消費者金融のカードローンであれば審査スピードが早いのは当たり前になっていますが、金利の低い銀行系のカードローンで最短翌日融資は大きなメリットです。
     
    横浜銀行のカードローンの最高借り入れ限度額は1,000万円で、金利は1.9%から14.6%となっています。

  8. オリックス銀行カードローン

    オリックス銀行カードローン

    審査時間 融資時間 実質年率 収入証明書※ 借入限度額
    1.7%~17.8%
    必要
    最高800万円

    オリックス銀行カードローンのお勧めポイントは、次の2つになります!
     
    1つ目は、「金利の安さ」で低金利なので返済金額がお得になるという点になります。
     
    派遣社員でもパートでも、そして自営業者であってもカードローン利用がしやすい銀行なのです。
     
    2つ目は、オリックス銀行は「提携しているATMの利用手数料がすべて無料」という点になります。
     
    オリックス銀行のカードローンの最高借り入れ限度額は800万円で、金利は1.7%から17.8%となっています。

簡単にお金を借りることができた!

カードローンでお金を借りる際の注意点

カードローンでお金を借りる際には気をつけて下さいね!

今すぐにお金を借りたい時というのは、焦ってしまいあまり考えずに行動してしまいがちです!
 
どのカードローン会社を利用するか迷うときに、やたら金利の低い会社や審査が無いなどとおいしい宣伝文句を掲げている会社には気を付けてください。
 
大手のカードローン会社も似たような金利になっていますが、著しく平均的な金利から低いところには注意する必要があります。
 
カードローンの金利についての詳細についてはこちらをご参考下さい。


 
また、審査無しで即日すぐにお金を貸せます、と言うような宣伝文句もかなり怪しいので気を付ける必要があり、特にヤミ金から借りるのは簡単ですが、後から返済金額が以上に膨れて大変な思いをする事になります。

返済方法について

カードローンを利用したときには、ATMを使った返済方法やインターネットを利用した返済方法、そして自分の銀行の口座からの自動引き落としや振り込みなどの方法があります。
 
ついついうっかりして返済を忘れてしまうことがないように、自動引き落としを選ぶのが良いと思います。
 
返済日を忘れてしまうと遅延金がかかってきたり、最悪のケースではブラックリストに入ってしまったりするので注意してください。

返済する金額について

カードローンを使ったときには、返済する金額が幾らまでなら負担にならないかを考えるようにしなければなりません!
 
限度額のギリギリまで借りようとするのでは無くて、自分の収入で負担無く返していける金額だけを借りるようにするのは大切な事です。
 
借入金額には金利がかかってきますので、金利を計算に入れて総返済額を必ず確認することをお勧め致します。
 
大手のカードローン会社は、それぞれのホームページに返済シミュレーションが出来る機能を持っており、返済シミュレーションを活用すると、無理の無い返済期間はどれくらいかとか、金利分も含めた毎月の返済金額をきちんと知る事が出来ます。

銀行系カードローンと消費者金融のカードローンの違いを比較

銀行系と消費者金融ってどう違うんだろう?

銀行系カードローンと消費者金融カードローンを比較すると、一番の違いは適用される規制が違ってくるということになります。
 
例えば、銀行系カードローンには銀行法が適用されますが、消費者金融カードローンには貸金業法が適用されるのです。
 
貸金業法の中では総量規制と呼ばれるルールがあり、年収の3分の1以上のお金を借りる事が出来ないようになっています。
 
つまりどんなに困っていても、年収の3分の1未満の金額しかカードローンで借りられず、収入が無い場合にはお金を借りる事が出来ないのです。
 
一方銀行系カードローンの場合は総量規制が無いので、借りられる金額の選択肢が広くなっています。

総量規制についての詳細についてはこちらをご参考下さい。

審査の基準が異なっている

銀行系カードローンには総量規制がない分、審査は消費者金融カードローンよりも厳しめです。
 
審査にどれだけの確率で通過するかは、一部の銀行系カードローンと消費者金融会社のホームページから確認する事ができます。
 
銀行系カードローンの審査を通過する人は3割前後なのに対して、消費者金融カードローンの審査を通過するのは4割前後となっているのです。
 
消費者金融カードローンは、年収に合わせた上限額が設定されていますので、審査が比較的ゆるくなっているわけなのです。

付加サービスがそれぞれ違う

銀行系カードローンでお金を借りると、ポイントが貯まるサービスが提供されているところが多かったりします。
 
ポイントを貯めていくとATM手数料が無料になったり、他のサービスでも使える共通ポイントが付与されたりしてお得になっているのです。
 
消費者金融カードローンの場合は、初めての利用であれば30日間の無利息期間を利用できたり、即日融資サービスが提供されているところが多いのです。
 
短期間の借り入れであれば、無利息サービスが何回でも利用できる消費者金融会社もありますから、利用目的によっては、お得にお金を借りることができるのです。

消費者金融のカードローンでお金を借りるメリットとデメリット

消費者金融のカードローンの良い点は?

消費者金融のカードローンでお金を借りるメリットは、審査スピードが速いのですぐに現金を融資してもらえる点になります。
 
ほとんどの消費者金融は即日審査をしてくれますし、最短で30分で審査が終わってしまう業者もあります。
 
最近は融資の申し込みをパソコンやスマートフォンなどを使って、インターネットから簡単に申し込めるので、家から一歩も出ずに融資を受ける事も可能になっています。

無利息サービス

消費者金融のカードローンでいくつかの会社は無利息期間サービスを提供しているので、利用の仕方によっては、元金返済だけで済むというのもメリットとして挙げられます。
 
初めて消費者金融のカードローンを利用するときに無利息で借りられたり、短期間の借り入れなら無利息になったりと、各社によってサービスの条件は違ってきますから、事前に条件を確認するようにして下さい。
 
借入金額が少額の人や短期の借り入れだけで十分な人は、消費者金融を利用すると、無利息なので返済の負担が軽くなってきます。
 
消費者金融のカードローンは、審査も比較的通りやすいので、初めてお金を借りる方でも利用しやすいと思います。

消費者金融のカードローンのデメリット

デメリットは気軽にお金を借りられるので、ついつい借りすぎてしまったり、簡単にお金を借りるクセが付いてしまう事です。
 
最寄りのATMから簡単にキャッシングができますし、返済もATMですぐにできるため借金を安易に考えてしまうようになる傾向がとても高いのです。
 
注意したいのは金利が高めの設定になっているので、早めの返済を心がける事が大切になります。
 
融資を申し込むときも、上限金額いっぱいまで借りるのでは無く、金利分も含めて無理なく返済できる金額を設定するようにして下さい。
 
また貸金業法による総量規制がありますから、年収によっては借入したい金額の融資を受けられないという点もデメリットになると思います。

銀行系カードローンでお金を借りるメリットとデメリット

銀行系のカードローンの良い点は?

一般的な銀行系カードローンのメリットとして、金利が低いという点が挙げられます!
 
銀行系カードローンの中にはネットバンクなども含まれていて、各社のカードローンの金利をチェックしてみると、全体的にかなり低い金利である事が分かります。
 
銀行法に準じて総量規制が銀行系カードローンには適用されず、金利を低くしてお金を貸す事が出来るので消費者金融と比較すると低金利になっています。

年収に関係なくお金を借りられる

銀行法が適用されているために、年収に関係なくお金を借りる事が可能で、収入が無い専業主婦なども、銀行系カードローンならお金を借りられるところもあります。
 
専業主婦でもお金を借りることのできるカードローン会社の詳細についてはこちらをご参考下さい。


 
その分審査が厳しいと言われる事もありますが、個人信用情報などに返済事故の情報が無ければ問題ありません。
 
今までにお金を借りて延滞をしたり債務整理をたりしていなければ、審査で問題になる事はほとんど無いのですが、収入が不安定な場合や転々と職を変えていたりすると、審査に引っかかる可能性もあります。

知っておきたいデメリット

銀行系カードローンのデメリットは、審査の時間が長いところで、丁寧に調査するため審査時間が長くなる傾向があり、結果として現金を手に入れられるまでの時間も長くなってしまいます。
 
時には審査のために2日とか3日かかる事もあるので、今すぐお金を借りたいときには、利用しづらいということを覚えておいてください。
 
審査を慎重に行う銀行系カードローンですので即日融資のサービスを行っているところがないのもデメリットに挙げられると思います。
 
ただ最近は、審査のスピードを上げるための審査体制を整えている銀行系カードローンも増えてはいるので、一概に審査が遅いのかというとそうでもありません。
 
審査だけなら翌日に通るところもありますから、各社のHPでの情報などを確認し比較してみて下さい。

カードローンは、どんな人におすすめか?

お客様の場合ですとこちらの方がおすすめです!カードローンの場合、利用限度額によってプランが固定されているので、借りるお金の金額が分かっているという方に非常にお勧めになります。
 
特に三井住友銀行の場合は、利息が高めに設定されてはいますが、用意されている借入プランが豊富で少額でも借入できるので、少しだけお金を借りる時にも利用しやすいカードローンになっています。
 
 
また、みずほ銀行は、利用限度額によって細かく利息が設定されているので、より詳細な借入プランを立てられるようになっています。
 
さらに他の銀行系カードローンや消費者金融よりも利息が低く設定されており、特定の利用用途であればさらに利息が低くなるので利息低下の条件を満たせる場合ですとかなり低い金利でお金を借りることが可能になっています。
 
消費者金融に関してですが、こちらは多くの企業が利息を高めに設定しているというデメリットはありますが、審査申込の方法や条件、融資までのスピードが速いというメリットがあるので即日融資が必要で今すぐお金を借りたい方にお勧めできるプランです。
 
また実質年率が高めではありますが、SMBCモビットのように条件さえ満たせば実質年率3.0%と低実質年率で融資を受ける事ができるので条件次第では消費者金融の借入プランのほうが返済が楽な場合もあります。
 
このように銀行系カードローンや消費者金融によって様々なプランが用意されていて、条件も大きく異なっていますから、自分の経済状況等や利用目的を考慮した上で返済できるサービスを利用するようにして下さい。
 
特に消費者金融の場合は金利が高めに設定されている事も多いので、即日融資が可能とはいえ契約をよく理解し比較したうえで、お金を借りる必要があるのです。
 

安心のカードローン徹底比較